沿革
HISTORY

沿革
HISTORY

1971年 東京都港区に会社を設立。
1972年 ディスペンサーの輸入販売開始。
1975年 自社開発のディスペンサーの製造販売開始。
1976年 高精度ディスペンサーの製造販売開始。
定量吐出バルブの製造販売開始。
1977年 バレル、プランジャ、標準ニードル、テフロンニードル、カートリッジ、その他アクセサリの製造販売を開始しアクセサリを充実化。
1980年 大阪営業所を開設。
1980年 圧力タンクの製造販売開始。
1981年 仙台営業所を開設。
1988年 塗布ロボットの製造販売開始。
1993年 北九州テクニカルセンターを開設。
1993年 流体定量吐出の基礎研究、ロボット・コンピュータの応用技術研究、FA装置の設計・製造。
電子デバイス実装システムの開発、マシンショップによる精密部品加工、資材仕入れ、海外向け出荷等の拠点として業務を開始。
自動塗布システムの製造販売開始。
1994年 冷却加熱両用温調システムの製造販売。
1998年 Iwashita Instruments (Thailand) Ltd.を設立。
2000年 北九州テクニカルセンターより精密加工部門を除き、本社に移管。
2003年 Iwashita Instruments (H.K) Ltd.を設立。
2005年 Iwashita Instruments (ShenZhen) Ltd.を設立。
2010年 Iwashita Instruments (SuZhou) Ltd.を設立。
2014年 本社より技術部門、資材購買部門、海外部門、一部管理部門を北九州テクニカルセンターに移管。
2015年 秋田サテライトオフィス、長野サテライトオフィスを開設。
2016年 岡崎サテライトオフィスを開設(愛知県)。
2017年 金沢サテライトオフィスを開設。
2018年 北九州テクニカルセンターにIEI LOGISTICS CENTERを新設。
  • 企業理念
  • 会社概要
  • アクセス
  • 環境方針